イタリア・BONOTTO

イタリア・BONOTTO社の布地が大量に届きました。

帽子を1個製作するにはちょうど良い大きさのものばかり、

ハンガーに吊るしてある状態で約400枚はあります。

『 BONOTTOとは? 』

ERMENEGILDO ZEGNA(エルメネジルド ゼニア)グループ傘下の伊テキスタイル企業BONOTTO(ボノット)

1912年にLuigi Bonottoによって設立された4世代の繊維工場で、当初は麦わら帽子を製造。50年後、Nicla DonazzanとLuigi II Bonottoの直感により、この創造的かつ製造的な専門知識は、イタリアのファッションシステムと並行して成長する繊維生産性の小さな宝石に変わりました。

https://www.wwdjapan.com/342003

https://www.wwdjapan.com/407738

https://www.wwdjapan.com/478217

大きいサイズだとスカーフと同じくらいの70cm x 68cm。

小さめでも70cm x 48cm。

色とりどりなチェック柄、ツイード、憧れのシェットランドウール、手触り抜群なモヘア、鮮やかなジャカード、発色の綺麗なアバンギャルドな柄物、うっとりするベルベット、雨の日やガーデニングに重宝しそうなウォータープルーフ加工されているものなどなど。

2枚と同じものがありません。

1枚、1枚、柄も色も素材も違います、どれを選んで良いのやら悩みます。

ぜひ、この貴重なイタリア製布地で、あなただけのオリジナルの帽子を製作しに来てください。*布地代は無償でご提供いたします、早い者勝ちですよー


もちろん帽子のオーダーも承りますし、BASEにて販売もしております。

全て1点物になります、ぜひこも機会にBONOTTO社の上質なウールに触れてみてください。

ぜひ、神戸花山のエメラの帽子教室にもお越しください。

色鮮やかな布地とお待ちしております。


予約サイト https://www.manabook.me/lesson/265

お気軽にお問い合わせ下さい

emera.beret@gmail.com

帽子職人・研究家 エメラ

078-581-1862 (ヤサカ)

参考作品↓

神戸エメラの帽子教室

「帽子を自分で作ってみませんか?」 I'm Japanese milliner in Kobe. I also teach hat making at home. Why don't you try to make a your hat with me? 帽子職人・研究家 エメラ