フランス国際芸術帽子コンクールへのお誘い

『参加してみませんか?』
フランスで2年に一度開催されている国際芸術帽子コンクールのテーマが発表されましたので、お知らせいたします。

以下、フランス語での応募要項の大事な部分を抜粋し、私なりに訳しました
良かったら参考にしてください

詳しい応募要項と申し込み用紙はフランス帽子博物館のサイトから入手できます


RENCONTRES INTERNATIONALES DES ARTS DU CHAPEAU 2016
11ÈME ÉDITION
2016年 第11回 国際芸術帽子コンクール
Le thème retenu est : << En mode ruban >>
テーマは『モードリボン』
*mode を流行、ファッション、様式、存在の仕方…(訳し方に悩みますね)
Les créateurs sont invités tous leur savoir-faire et créativité pour détourner les rubans quels qu'ils soient: 
クリエイターは、どんな形であれ、様々なリボンを使うために、彼らのすべてのノウハウ(手腕、技量、腕前)と創造性を使用すること求められます
les tresser,les entrelacer entre eux,les incorporer au chapeau,les enrouler,les croiser...
例えば、
それらを編んだり、組み合わせたり、交差させたり、帽子に組み込ませたり、巻きつけたり、十字に交差させたり....
Ce thème permettra aussi de travailler les notions de ligne,proportion,
forme,volume,de valoriser des techniques tournées vers l'innovation.
このテーマではまた、ラインの概念、釣り合い、形、ボリュームを
技術革新を促進するために許可する
Le feutre, ou tout autre matière,peut-dêtre présent.
フェルトまたは他の材料を使用しても良いです

ヘッドサイズ57cmで、個人の名前など付けずに製作

締め切り2016年3月4日

応募作品の帽子を製作し、博物館に郵便局の国際小包EMSにて発送
(2月末までには発送しましょう)
*発送時に注意事項あり

参加費50ユーロ


審査員長でもあるStephen Jones賞の他、9賞が3月末に発表

展示

受賞作品と選ばれた90作品が2016年5月21日から10月2日まで博物館の特別展示室に展示されます
またこの展覧会は、パートナーシップを取っているサンテティエンヌの芸術産業博物館(リボン博物館)で来年開催される展覧会<<リボンの視点から>>での一部でもあります
le Musée d'Art et d'industrie de Saint-Etienne

授賞式
2016年5月21日(土曜日)
La Chapellerie にて授賞式、授賞作品や選ばれた作品を使ってのショウ、カクテルパーティー、会食などが夜遅くまでおこなわれます

過去の受賞作品


年数をクリックすると過去の受賞作品が閲覧出来ます

プロアマ問わず参加できるコンクールです
ぜひたくさんの方に参加していただけたらと思っています

エメラの帽子教室ではコンクール出品用の帽子教室も随時承っております
お気軽にお問い合わせください
エメラの帽子教室 (年中無休、要予約)
ご予約、お電話・メールにてお待ちしております♪
078-581-1862 (ヤサカまで)
iPhone 09066068863 
emera.beret@gmail.com
http://instagram.com/emera/

神戸エメラの帽子教室

「帽子を自分で作ってみませんか?」 I'm Japanese milliner in Kobe. I also teach hat making at home. Why don't you try to make a your hat with me? 帽子職人・研究家 エメラ

0コメント

  • 1000 / 1000